CLASSIC,media.lookhu.com,A1】,アルタ・アンビポリ・リード,/cryptodouble433426.html,ALTA,【テナーサックス,REED,Works,楽器・音響機器 , 管・吹奏楽器 , 管・吹奏楽器アクセサリ,シルバースタイン,Silverstein,3631円,AMBIPOLY,3 3631円 シルバースタイン Silverstein Works アルタ・アンビポリ・リード ALTA AMBIPOLY REED 【テナーサックス CLASSIC A1】 3 楽器・音響機器 管・吹奏楽器 管・吹奏楽器アクセサリ シルバースタイン Silverstein Works アルタ アンビポリ 上等 リード ALTA A1 テナーサックス CLASSIC REED 3 AMBIPOLY シルバースタイン Silverstein Works アルタ アンビポリ 上等 リード ALTA A1 テナーサックス CLASSIC REED 3 AMBIPOLY CLASSIC,media.lookhu.com,A1】,アルタ・アンビポリ・リード,/cryptodouble433426.html,ALTA,【テナーサックス,REED,Works,楽器・音響機器 , 管・吹奏楽器 , 管・吹奏楽器アクセサリ,シルバースタイン,Silverstein,3631円,AMBIPOLY,3 3631円 シルバースタイン Silverstein Works アルタ・アンビポリ・リード ALTA AMBIPOLY REED 【テナーサックス CLASSIC A1】 3 楽器・音響機器 管・吹奏楽器 管・吹奏楽器アクセサリ

シルバースタイン Silverstein Works 安売り アルタ アンビポリ 上等 リード ALTA A1 テナーサックス CLASSIC REED 3 AMBIPOLY

シルバースタイン Silverstein Works アルタ・アンビポリ・リード ALTA AMBIPOLY REED 【テナーサックス CLASSIC A1】 3

3631円

シルバースタイン Silverstein Works アルタ・アンビポリ・リード ALTA AMBIPOLY REED 【テナーサックス CLASSIC A1】 3

商品の説明

Silverstein ALTA AMBIPOLY REEDS【シルバースタイン アルタ アンビポリ リード】 良質なケーンに代わる新素材としてSilverstein(シルバースタイン)が提案する“AMBIPOLYMER(アンビポリマー)”。ケーンが微量の水分を吸収して吹奏感やサウンドに変化をもたらすことに着目した結果、ケーンと同様に水分を吸収し、リードトリマーやヤスリで削って調整することも可能な全く新しい樹脂素材を使用したリードが誕生いたしました。”AMBI(アンビ)”にはラテン語で「両方の」という意味があります。まるでケーンのようなサウンドを持ちつつも、樹脂リードの長寿命かつ均質であるという特徴も備えた、まさに次世代のリードです。 ※ALTA Select REEDSのような交換対応は行っておりません。あらかじめご了承ください。 サックス用(ソプラノ/アルト/テナー/バリトン)は"CLASSIC"と"JAZZ"の2種類のラインアップ。 【CLASSICタイプ】2+~3.5+ "CLASSICタイプ"は、フランスの伝統に導かれた典型的なクラシック音楽のためのリードで、B♭クラリネット用と同様に「A1 CANE」というアンビポリマー素材を使用。柔軟性とパワフルな音色を兼ね備え、コントロール性に優れた高音域が特徴。"JAZZタイプ"よりも落ち着きのある丸みを帯びたサウンドです。 【JAZZタイプ】2~3.5 "CLASSICタイプ"よりも小さめのヴァンプ、柔らかめのティップとヴァンプフロントが特徴で、オープニングの広いマウスピースを使用する傾向のあるジャズプレイヤー向き。モダンジャズのの独創的な演奏の為に必要な自由な吹奏感が得られます。JAZZタイプに使用されるのは「A33 CANE」という素材が、柔軟性を持ちつつもクリアでフォーカスされたサウンドを生み出します。

シルバースタイン Silverstein Works アルタ・アンビポリ・リード ALTA AMBIPOLY REED 【テナーサックス CLASSIC A1】 3

 

だしを濾す方法は何が良いか。

だしこしの際に使う布はどんなものがいいのかというお話。3話目。実は以前はキッチンペーパーやさらし布などをいろいろと比べて検証していましたが、あれから月日は流れ、私もますます磨きがかかり、情報をアップデ …

自作合わせ調味料の魅力

2021/09/12   -丁寧に暮らす

手前味噌や梅干し作りといった、日本の伝統的な調味料や保存食を自分の家で作るというのは、地方に住む方はもちろん、最近では都心に住む若い層にも広がりを見せて、コロナでおうち時間ということも相まって、ちょっ …

かつお節厚削りは、煮出した後に放っておくべきか問題

2021/09/06   -UMAMI, だしについて

だしに魅せられてどこまでも突き進む。 本日は、かつお節の厚削りを煮出して出汁を取るときに、どのタイミングで厚削りを取り出すべきかという、大変由々しき問題を検証してみたいと思います。 おそらく日本に数万 …

生しょうゆを美味しく味わう方法

生しょうゆってありますよね、あれの使い方を僕はずーっと勘違いしていました。。。 「生」っていうくらいだから、 やっぱり生のまま味わうのがいいんじゃないかと思っていたわけで、 つまり、使い道としては、お …

醤油と名乗ることができなかった「しろたまり」インタビュー

今回は、動画のインタビューをご案内いたします。 ずっと以前にこのブログでも取り上げたしろたまり あれから、筆者の私もたくさんの人に会い、たくさんのお話を聞いてきました。 それでもなお、この方のお話とい …

自家製めんつゆは2倍濃縮がオススメ!

さあ、だんだんと夏らしい日々がやってきました。そうなると恋しくなるのがめんつゆ!いよいよめんつゆの季節がやってきました!バンザーイ!! ということで、今年もせっせとめんつゆを仕込みまして、 毎年のよう …

天然か人工か、二極対立ではないのかもしれない話

出汁について深みにはまっていくと、かつお節であれば近海一本釣り、昆布であれば天然物、しいたけであれば原木栽培、といったふうに気持ちが流れていきがちです。 それぞれには、理由とか言い分があって、そういっ …

おだし日和(オンラインショップ)

2021/05/14   -about

削りたてを1回分ごとにオーダーメイドいたします 削り節は削りたてが一番香りが高くて美味しいもの。一度封を開けるとすぐに香りが飛んでしまいます。だから、使いたいときにいつでも開けたての香り高いおだしを楽 …

新しいサイトも始めました!

2021/04/10   -about

こんにちは。大変ご無沙汰しておりました。 だしと発酵、くらしとデザインの山根です。 実は、私、このブログで「だしと発酵」について マニアックに活動しておりましたが、 「くらしとデザイン」というほうを軸 …

【作り手物語】都市農業のあるべき形とは ? 〜Chavi Pelto〜

2020/12/16   -作り手物語

今回の「作り手物語」はインタビュー形式ではなく、お話を聞いたことを自分なりの言葉にまとめてお伝えしようと思います。埼玉県草加市の住宅街のなかで無化学肥料・減農薬栽培にこだわり、生産と販売を行なっている …

だしと発酵、暮らしに関するヒントをデザインの視点を交えてお届けします。

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930